茨城県境町:本当の大黒柱が見守る家を造って見ませんか?大黒柱を直接、基礎と土台に結合する構造で耐震耐久性を更に高め、2階小屋まで7寸通し大黒柱と檜(桧)又は杉材を中心とした自然素材で造る家
T様邸屋根
野田市T様邸屋根
野田市のT様邸大工さんが屋根野地が終わりまして、瓦屋さんが工事を始めました、本場三州のいぶし瓦の一文字葺きです、むくり屋根ですから葺きあがりが楽しみです。

野田市T様邸屋根1
これくらいのむくり屋根になっています。

N様邸木完まじか
こちらは坂東市のN様邸です、和室の杉の無垢板の天井も張り終わり、大工さんの仕事ももうすぐ終わりに近ずいています、桧7寸の大黒柱2本、床板に欅の無垢材を使うなど無垢材にこだわった家ですから、仕上がりが楽しみですよ。


宮代のT様邸木完まじか
こちら宮代町のT様邸も、もうすぐ大工さんが終わりそうです、今月いや今週中に終わりそうですね、T様邸も床板の一部に欅無垢の暑さ3,6センチの板を張ったり地元産のサワラ材を腰板に張るなどなかなかいい感じに仕上がって来ていますよ、やはり完成が楽しみですよ。
Copyright © 2017 高橋工務店. all rights reserved.